[藤沢 鵠沼海岸] 心と躰を癒す隠れ家サロン SandySPA

スウェディッシュマッサージとヘッドセラピーが受けられる、鵠沼海岸の隠れ家サロンです。施術を通じて『自由に幸せに生きるためのヒント』を伝えています。(スクール始めました♪)

逃げてもいい。負けてもいい。損してもいい。(3つの非常識) 

SandySPAの山口ユウスケです。


いま、ちょっと辛いあなたに

ささやかな

3つのエールを送ります。


18236717_1352542324839403_1179147889_o.jpg


逃げてもいい。


ひとは大人になると

集団の心理に毒されて

愚かになってしまう事がある


その一つが

「逃げてはいけない」という幻想

逃げてもいい
出典:https://twitter.com/magic_mackee/status/758622346882056192/

子供はそれに気づいているが

大人のほとんどは

逃げることが出来ないと思い込まされている

すべての事から逃げ続けていれば

ただの負け犬になってしまうが


どうしても合わない環境

合わない相手

必要のない物体

相性の悪いエネルギーと

無理に同調する必要はなく

逃げてもいい。



ネガティブな波長に対しては、

無理に立ち向かわず

いったん、距離を置くことが一番

冷静になってから考えてみよう。


いつも愚痴を言う人

恩を着せようとしてきたり

見返りばかり求める人

怒り、悲しみ、罪悪感にまみれている人

ひどい事ばかり起きる人

よほどの事が無い限り

そのような人を直接助けることは難しい

放っておこう。

人のせいにするだろうけれど、

実際には

本人が役割を演じているだけ。



もし、今の自分がそのような状態にあるのなら

あなたのせいでもない

その状態をやめるために

今すぐ

一旦、逃げていい。

それは逆の方向へ前進しているだけ。そんな時間があっていい。





WS000000.jpg



負けてもいい。


競争で勝つことは一時的な快楽でしかない

世間体を気にして「いい会社」に入ることも

見栄を張ってブランド物を持つことも

ビジネスでライバルを蹴落とすことも

旦那さんの年収も、あなたの学歴も、子供の成績も

他の何かと比較する為にあるわけではない。


損得が絡んでいるものであればあるほど

競争する意味がない。


どうせ競争するなら

遊びとして

"どうでもいいもの"で競争すること

それならばやる価値はある

なぜなら、無駄な遊びの勝敗なら、だれも損しないから。



損得が絡んでいる競争で

自分が勝つという事は

だれかが損をしている事になる



誰も損をしないで済む方法は

競争を仕掛けないこと

全体の利益になるように考えること



まだ誰もやっていないことを成し遂げるのならば

誰とも競争しなくてすむ


しかし、どうしても、もし競争する事になるのであれば

負けてもいい。


「勝ってもいいが、負けてもいい」という気持ちで臨もう

争っている時点で

どんぐりの背比べ

争いは同レベルのもの同士にしか起きない。


あなたが起こす本当にすごい事は

誰も追従できない、比較できない。

競争にもならないはずだ。

だって、好きなことをすれば突き抜ける天才性があなたには眠っている。

それを発揮した時に豊かさが訪れる。人から奪った時ではない。



比較や競争では大きな利益は生まれない

パイの奪い合いはパイを拡大しない

奪い合えば足りないが、分け合えば余る。

戦争では豊かにはなれないのと同じ理屈だ。

平和からは余裕と豊かさが生まれる


だから、ぜんぜん負けてもいいのだ。


小さい"勝ち"より、でっかい"価値"を生み出そう!
18253843_1352538774839758_2<br />0323091_n.jpg
損してもいい


どんなときでも得しようとする心

あなたの成功をいちばん邪魔している

頭と尻尾はくれてやれ。

肝心なこと以外はどうでもいいのだ。




いつでも、なんでも、だれよりも、得をしようとするのは

目先の利益を追うことに他ならない

目先の利益を追えば

短期的には小さな利を得るかもしれないが

先を見ればやせ細っていくだけ


長期的に見たときには

全てを食いつぶしてしまう貧者の考え方だ



せっかく種を持っているのに

種をまかずに

種を食べて飢えをしのげば


少ない満腹感と

後に残るのは後悔だけ



種を持っているのなら

損してもいいや!という気持ちで

思い切って豊かな土にまこう。損だと思わずに水をやろう。

全ての芽が出るとは限らない・・・



だが、全ての芽が出なくとも

十分に戻って来るものがある。

必要な分は手に入る。



損してもいいという

先に与えるのある気持ち

後に、実り豊かになって、あなたへ還って来る。



だから

損してもいいという気持ちは

徳を高め、損をしないための智慧である

損してとれ。

そしたら、最後にはゼッタイ損しないから。保証付き(笑)





この文章を読んでくれたあなたに感謝。
(*´∇`*)ノノ hug

SandySPA 著者:山口ユウスケ プロフィールはこちら
IMG_0492.jpg


施術はこちらから予約できます。


【生徒募集中】 心と体と魂を癒す、真のセラピストを目指す。
SandySPAのセラピストスクールはこちら


関連記事

Comment

Add your comment