SandySPA取扱説明書 その② 誕生秘話

 30,2016 06:27
湘南のスウェディッシュマッサージサロン
SandySPAの山口ユウスケ&サヤカです。

いつか出逢う、未来のお客様へ…♪ ① の続きです。


★SandySPAを創った理由(わけ)

サンゴ
(珊瑚とビーチグラスで作ってみました♪ 沖縄 宮古島のプライベートビーチにて)


今回は、SandySPAを作った理由についてです(*´∇`*)


20代年まで会社員として働いていた私達夫婦が、

結婚を機に

「理想的な生き方ってなんだろう??」


自問自答し始めました。


深く考えずに、人に言われた事をやる人生。



子供の頃は、親・兄弟・先生 にいわれた事をやり、


大人になってからは、上司・先輩・同僚 にいわれた事をやる。



一生、そんな感じでいいのかな?


本当にやりたい事を、やらない人生で、いいのかな?


なんて事を話し合っていました。



おりしも大不況で、景気も悪く、雇用も安定しない
「精神的に無理をして頑張っている人」が多い時代。

リストラの嵐が吹き荒れ

周囲にも、精神的に病んでしまう人、
身体の不調を訴える人が沢山いました。

私たちも例外ではありませんでした。



でも、私たちには支えあえる、
良きパートナーがいました。
S&Y
(スケートリンクで出会ったユウスケとサヤカ)


それで何とか助かった。


でもそういうパートナーが居ない人もいる。



いつしか自分達を含め、そのような人の
精神的・肉体的な助けになれるような生き方
したい。


私たちがパートナーとして

助けになれれば!と思い始めました。



でも具体的にどうすれば?



そして、様々な改善法をためし、探しているうちに
"心とカラダはつながっている"という強く事を感じました。


それなら、


「マッサージ」と「カウンセリング」が融合したような

施術が出来ればどうだろう?


と思い立ち


スウェディッシュマッサージの学校に二人揃って入学。


入学後は二人とも会社を辞め、
海外で第一線で活躍していた先生に直接習って
1割くらいしか卒業できない狭き門をくぐり抜け、認定を受けて卒業しました。


その後、ヘッドセラピーやカウンセリング・・・

心と身体の事を学んでいったのです。


30代に差し掛かった頃の挑戦でしたので


大変勇気が要りましたし


周囲に止める人もいましたが

自分たちが困っていた時に

こんな場所があって、こんな人が居れば、もっと楽だっただろうなぁ・・・




という場所を作るために頑張りました。



★最初のサロンは赤坂にて

あえて一般のサロンには勤めることなく
東京の港区赤坂にて開業しました。

 屋号はSayakaの"S"と Yusukeの"Y"を取って
S and Y 」に
SPA をつけて「Sandy SPA」 にしました。

セラピスト夫婦
(写真は鵠沼海岸のサロンのものです)


ありがたい事に、今もその頃から通い続けてくださっている、
熱心なファンの方もいらっしゃいます。

ありがとうございます♪


で・・・

1年半くらい運営して、忙しくなってきたとき

自分が癒されていないと
人は絶対に癒せない


という気づきを得たのをきっかけに、
思い切って自然のある環境に移転を決意しました。



SandySPAには全国から

セラピストさんがお見えになられますが

そこで一番大切にお伝えしているのは、

「自分が癒されていて初めて、お客様も癒される」という事です。


そんなわけで、自然豊かな地で
自分たちが癒されながらお客様を癒せる
今のサロンのカタチにたどり着いたのです。

20140131_155536.jpg

この景色まで5分です。
広々とした海は、身も心も浄化されるような気分になります。



そして、何か悩みがあっても


海や空の広さ

自然の大きさに対して

自分の悩みってなんてちっぽけなんだろうと

気づくことが出来ます。


人間も動物ですから、

やはり、自然のある環境のほうが

最終的にはほっこりと、落ち着くんですよね。


room001


施術室にも

自然光が燦燦(さんさん)と降り注ぎます。


施術のときはまぶしいのでカーテンは閉めていますが

開けたままが良い方はお申し出下さいね。

SandySPAの誕生秘話でした。


もっと詳しい話は直接聞いてみてください♪

⇒SandySPAのHPはこちらです。



気軽に質問が出来て、お得な情報が届く!?
SandySPA公式LINEはこちら
ライン友達追加
よかったらお友達になって下さい♪
夏フェスを主催してみた
山口ユウスケ(夏フェス時)

サヤカ
山口サヤカ(タモさん風)
2015年夏に主催した「100人BBQフェス」の時の写真
関連記事

Comment 0

Latest Posts