[藤沢 鵠沼海岸] 心と躰を癒す隠れ家サロン SandySPA

スウェディッシュマッサージとヘッドセラピーが受けられる、鵠沼海岸の隠れ家サロンです。施術を通じて『自由に幸せに生きるためのヒント』を伝えています。(スクール始めました♪)

SandySPA取扱説明書 その① いつか出逢う、未来のお客様へ…♪ 

こんにちは♪
SandySPAの山口ユウスケ&サヤカです!

SandySPA
新しいロゴができました♪ ↑↑


最近では
とっても、ありがたい事に

「ブログを見てご来店される方」が、
全国からいらっしゃいます。

最近だと神奈川県はもちろん
北は北海道、南は福岡から来られる方もいらっしゃいます。

本当に、ありがとうございますm( )m



そこで今回は
「いつか出逢う、未来のお客様へ…♪」 と題して


・まだSandySPAに来たことのない方

・いつか行きたいと思っている方 
 の為に


SandySPAってどんなサロンなの?
ってことを書いてみたいと思います。

sandyspa鵠沼海岸2

そもそも

「隠れ家サロン」って
利用したことのない人にとっては
ハードルが高く感じてしまいますよね。


ブログを読み始めてから


「行ってみたい」とは思っていたけど
なかなか勇気が出なかった・・・


ってお話も良くお聞きします。




私たちも、そのお気持ち、と~ってもよくわかります。

行ったことのないお店・・・
ましてやプライベート感バリバリの

「隠れ家サロン」にいきなり予約して行くのは
ちょっと・・・気が引ける。





でも大丈夫、安心してください!



私たちのサロンは、おうちに住みながら
そこで楽しみながら、ゆる~く自然体でやっていますので

SandySPA入り口


お友達の家に遊びに来る感覚
きて頂ければ、

それで大丈夫です(*´∇`*)




リラックスする為に、すっぴんで来る方がいます。


帰ったらすぐ寝る為に、わざわざジャージを用意して来る方もいます。


施術中いびきをかく方もいます。


気持ちよすぎてよだれを垂らす方もいます。
(通称:極楽の池...笑)


全員まとめて、大歓迎です! (笑)


私たちはあなたを歓迎します。



お互い、気取る必要なんてないのです。

そのかわり私たちも「お店お店」した感じにはせず、

気取らず自然体で接します。


慣れてくると「タメ口」になるかもしれません。
(いきなりはしませんよ(*´∇`*))


え、接客業でタメ口はありえないでしょ~!?という方。

わかります。



でもね、

友達や家族に敬語で話しかける人は少ないはず。


私達がもし、タメ口になるとすれば、それは

敬意を持っておこなっている証。


「愛のあるタメ口」
なのです(なんじゃそりゃ 笑)



だから、ぜひ勇気を持って、ぜひ普通に「タメ口」でお返事してくださいね♪ 


よろしく~(*´∇`*)






そんなオープンな気持ちと、疲れたお身体だけ持って来て頂ければ
スウェディッシュマッサージとヘッドセラピー、
そして特別なヒーリング能力を使って癒します。(*´∇`*)



とはいえ

実際にお客様がいらした時は、

セラピストとして、きちんと失礼のないようにお迎えしますが



セラピスト





リラックスして来て下さい。

プライベートはこんな感じですから♪

本性
(沖縄の居酒屋にて)


地元の商店街でも仮装したり
ハロウィン仮装



お客さんとBBQや串揚げパーティをしたり
くしあげ2016



差し入れを頂いて食べたり(≧∇≦)
sandy4.jpg



そんなアットホームなサロンです。



LINEでもお友達募集中です♪



★SandySPAはどこにあるの?

藤沢市の「鵠沼海岸」という町にあります。(鵠沼海岸 - wikipedia)

最寄は「鵠沼海岸駅」という小田急線のローカルな駅です。

鵠沼海岸駅


駅前がこんな感じになっていて、
完全にローカル感のある駅です。


まず、駅を降りると潮の香りがしてそれだけで癒されます。

私たちも、引越してきた当初駅に降りた瞬間、

海風の薫りがふわっとして、素敵な場所だなぁ~と癒されました。


地元の方も多いですが、移住者も多いエリアで
年配と若い方が一緒に楽しんでいる地域です。

駅を降りてすぐの商店街にはおしゃれなお店、
美味しいご飯のお店がたくさんあります♪
ぜひ覗いてみてください。

⇒湘南お楽しみマップ





ひとつ注意点があります!


その注意点とはSandySPAに来ようとして

江ノ電と間違える方が後を絶たないこと。

江ノ電のコピー

正しくは小田急線です。
お間違いのないように (*´∇`*)


SandySPAあるある:
1.間違って江ノ電に乗ってしまう
2.鵠沼海岸の駅のローカルさに驚く
3.サロンへ来るとき、間違って畑に出る(地図上、南側の道路からお越しください)

さて、SandySPAはなぜ創られたのでしょうか?
ちょっと変わったSPAの誕生秘話に迫ります。


いつか出逢う、未来のお客様へ…♪ ②
【SandySPA誕生秘話】
へ続く


00-sandyroom.jpg





SandySPAの公式HPはこちら♪

↑PCとスマホで見たとき違うページになります。
詳しく知りたい方はPCでご覧下さい。


気軽に質問が出来て、お得な情報が届く!?
SandySPA公式LINEはこちら
ライン友達追加
よかったらお友達になって下さい♪
夏フェスを主催してみた
山口ユウスケ(夏フェス時)

サヤカ
山口サヤカ(タモさん風)
2015年夏に主催した「100人BBQフェス」の時の写真

SandySPAに新しい仲間が増えました!
↓↓↓

IMGP4421_Re.jpg
杉岡りょうこ

みえこ
西村みえこ
関連記事

Comment

Add your comment