[藤沢 鵠沼海岸] 心と躰を癒す隠れ家サロン SandySPA

スウェディッシュマッサージとヘッドセラピーが受けられる、鵠沼海岸の隠れ家サロンです。施術を通じて『自由に幸せに生きるためのヒント』を伝えています。(スクール始めました♪)

バレンタインデーに被災地・石巻へ行って来ました。 



地元のGLASSというお店が主催していた
芸人のポカスカジャンと行く東北応援ツアーに夫婦で行って来ました。

10959456_780801398683567_4272425002883976468_n_Re.jpg
夜にしかお会いしない、鵠沼海岸の呑んだくれの方々(笑)総勢40名弱で、
被災地の復興支援のボランティアです。


現地の方のお話を聞いたりする機会もあり、
色々と考える機会を頂けたのですが、

特に印象深かったのはここ・・・

大川小学校。

大川小学校
教室も、校舎も、津波によってメチャクチャになってしまっていました。。

大川小学校


この小学校は校庭で児童を待機させていた為、
津波によりほとんどの子供達が亡くなってしまったという被災地なんです。。(泣)

しかし、周りには何もない場所に
ボロボロになった学校がポツリ。

何でこんなに何にもない野っぱらに学校があるんだろう?

と思っていたら


周囲の街丸ごと

すべて流されて消えてしまったそうです。




リアルな現場を目の当たりにして、
涙が止まらなくなりました。

風が強く吹いており、非常に寒かったのですが
被災した子供たちはもっともっと寒い思いをしながら
亡くなっていったのかと思うとやりきれません。


大川小学校

皆でオーバーザレインボーの歌を歌い
レインボー色に並べたお花を、献花しました。
どうか子供達が天国で喜びますように。合掌。

大川小学校

その夜、二度とこのような悲惨な被害を繰り返さないためにも
低い土地には避難できる経路を整備すべきだという熱い議論を夜中の3時まで繰り広げました。

鵠沼海岸も土地が低いので他人事ではありません。

一部では、景観を壊し、コストもバカにならない
高~い防潮堤を沿岸部全てに埋立てる壮大な計画もあるようですが

建物が流されてしまっても、命が助かる
避難経路の整備が先だと思います。

財産よりも、命の方が尊いのです。


原発や放射能の問題に対しては「食べて応援」はしないポリシーですが
今後も被災地には定期的に支援を行っていきたいと強く思いました。
そういうメニュー作ろうかな、と思ってます。

SandySPA 山口ユウスケ&サヤカ

関連記事

Comment

Add your comment