「頑張らなくちゃいけない」教のひとへ

 09,2014 13:06
SandySPAの山口ユウスケ&サヤカです。

今日は、マッサージとは全然関係ないんですが、
快適に生きていく為に非常に為になる考え方があったのでシェアしたいと思います。

日々「頑張らなくちゃいけない!」と思っている
いわゆる"頑張らなきゃ教"に入っている人や、

「他人に見返りを求める人」には絶対に読んで頂きたい記事を発見しました。

⇒ 明石家さんま、「努力は必ず報われる」と思う人に「見返りを求めるとロクなことがない」


佐藤綾乃のインタビューでの発言。
「努力は必ず報われる」…その言葉、最初は信じなかったんですよ。そんなこと言っても、本当に努力を見てくれてるのかよって。でも、自分の経験上、努力をしていれば必ず、誰かが見てくれていて、報われることが分かりました。

明石家さんま:それは早くやめた方がエェね。この考え方は。

佐藤綾乃:え?

明石家さんま:努力は報われる、と思われる人はダメですね。

道重さゆみ:あら。

明石家さんま:努力を努力だと思ってる人は、大体、間違いですからね。努力が報われるだなんて、絶対に思ってはいけないね。

道重さゆみ:へぇ。

明石家さんま:報われると思ってやっちゃ、ダメなんですよ。

道重さゆみ:あぁ。
村上ショージ:今のが、ホンマに名言ですね。

明石家さんま:せやな(笑)報われると思って努力をするんじゃなく、「好きだからやってるだけ」で終わっといた方がエェね。

明石家さんま:「これは報われるんだ」と思ってると良くない。そういう人は、結婚生活失敗するタイプよね。

道重さゆみ:ふふ(笑)

明石家さんま:「こんだけ努力してるのに、なんで?」ってなると、腹が立つやろ?

道重さゆみ:はい。見返りを求めちゃうってことですか?

明石家さんま:そうそう。人は見返りを求めると、ロクなことがないから。

道重さゆみ:あぁ。

明石家さんま:見返りなしで出来る人が、一番ステキな人やね。



さんまさんにしろ、先日長寿番組の「いいとも」を終了したタモリさんにしろ、
長く一線でやれる一流の人は、絶対に無理に頑張っていません。

とても自然体です。

無理にやっても「こんなにしてやってやったのに!ムキー!!」という感情が
出ることになるのを分かっているのでしょう(笑)

「無理してやる」ことは自分の実力の限界を超えているのです。
それは、良く思われようとして背伸びしているだけ。
本当の姿ではありません。

出来る範囲の事をやりながら、
自然に「出来る範囲を広げる努力」をしたほうがよっぽど健全です。


また、「頑張らなきゃ教」の人達は他人に無理を強いるのが好きです。

子供、家庭、周囲の人々に
「自分がこんなにしてるんだから、お前もやれ!」と叱責するのです。
(口に出さないまでも、思っているのなら、同じことです)

周囲からしたらこれは非常に迷惑な行為です。

でも、本人は正しいと思っています。
ここが厄介なところです。

「頑張る事は、美徳」と信じてやまないのです。
たとえそれが間違った方向への努力だとしても。

----

精神論だけではなく、時代性においても、
単純な努力が報われない時代が到来しています。

近年、これだけテクノロジーが発展してくると
単純労働はコンピューターのほうが圧倒的に早くなりました。

大局的に見ると、単純労働の価値が下がったという事です。
これは、「単純な努力」の価値が下がった事を意味します。

いま、大事なのは「正しい方向に向かうセンスを磨く」事です。
闇雲にただ「頑張れば良い」時代は終わりました。

「やりたい事」を「正しい方法」で「楽しみながら」やる事が
楽しく生きる為の必須条件です。

どれか一つ欠けても上手くいきません。


それが今までの概念の努力とは違う「価値ある努力」です。

今までの努力=「苦労する」事
これからの努力=「楽しみながら、正しくそれを追及する」事


楽しく、幸せに生きるのに、無駄な苦労は
要らない時代になりました。

やりたい事に集中して初めて、
その人が社会に賞賛されるだけの価値を作れるようになるのです。

だから、いきいきと、やりたい事をやりましょう!

その方が、あなたも、社会も、より良いものになります。

-----

私達はそういう人を増やすことをサロンの隠れた目標として掲げています。
かつての自分達がそうであったように
頑張っているひとには不幸ではなく、幸せになって欲しいのです。


Sandy SPA


SandySPAは神奈川県藤沢市鵠沼海岸にある
スウェディッシュマッサージサロンです

mail440.png
関連記事

Comment 0

Latest Posts