[藤沢 鵠沼海岸] 心と躰を癒す隠れ家サロン SandySPA

スウェディッシュマッサージとヘッドセラピーが受けられる、鵠沼海岸の隠れ家サロンです。施術を通じて『自由に幸せに生きるためのヒント』を伝えています。(スクール始めました♪)

SandySPAを創った理由(わけ) 

SandySPAの山口ユウスケ&サヤカです♪

最近は暖かくなって、晴れた日は最高に気持ちが良いですね!

湘南を最も満喫できる季節がやってきています。
いま、遊びに来て頂けると、マッサージ後の日中、
海岸を散策するには最適な時期ですよ~。


sandy-ent.jpg



湘南はもちろん夏もいいんですが、テラスに出たり、庭で木々たちの世話をするには
蚊のいない今の季節が一番なんです。

そうそう、来月あたりから、
ウッドテラスでの贅沢なフットバス
復活させようかなと思っています♪

テラスから庭を望むフットバス。
「まるで海外のスパに来たみたい!」と昨年はとっても好評でした~。
foot.jpg



さてさて・・・話は変わって

さいきんハマっている、TVでもおなじみの
心屋仁之助さんのブログに
こんなことが書いてあったんです!


■心と体の痛み

体も心も
歪みや偏りがあるから
痛みがサインとして現れる。

現れた痛みや
痛みを作り出す歪みを
直すことは大切だけれど、

結局は、その偏りや歪みを
つくってしまう習慣や考え方を変えない限り、
何も変わらず、同じ痛みを繰り返すことになる。...

では、なぜその考え方や
習慣を変えられないのかというと、

それを正しいと信じているから。


その信じていることを変えることが第一歩なのです。


そして、それを変えるために大切なのが、
信じられなくてもやってみる、
という行動だったりする。

結局は、思考と行動のワンセットは外せない(^∇^)


http://ameblo.jp/kokoro-ya/entry-11811323461.html
心が風に、なる より



これはいつも私達が、SandySPAオープン以来、お客様に
ず~~っと言い続けていることじゃありませんか!(驚)

この人の考え方が凄く好きで、
最近特に注目しているのですが、
そんな方が同じ考えをしていた事にビックリすると同時に
嬉しいです。


まさに上記の内容に対処すべく
私達はSandySPAを創りました。


ただの対処療法にならないように。

その場しのぎのマッサージでは治せないものを治すには
ゆっくり、じっくりと、
心の中身も含めて変えていくしかないのです。


だから、たっぷりの全身マッサージで心の余裕をつくり

それから、心の中身を変えられるように

ゆっくりカウンセリングの時間をとって

メンタルへの働きかけを行い

自然を感じられるように自然の多い場所にサロンを移転したり

全部、目的があってやっています。


体だけの疲れではなく、

心と体が両方疲れている、あなたの為のサロンです。


***************


いま、肩が凝っているあなた。

あなたの肩が凝っているのは

「肩」のせいではないんです。


肩が凝るような姿勢をとっているのに、

きちんと休憩しないから。

肩が凝るような生き方を選んでいるから。


それは「肩」のせいではなく、「脳」が出した指示のせいですよね。


そう、全て自分で選んだ結果が今につながって

あなたの肉体を形作っているんです。


それを理解しないことには

いくら揉んでも

ほぐしても

引っ張っても

流しても


一時的に良くなっても元に戻るだけ。



ただ単に、「無駄な力を抜いて日常生活を送れるようになる」


これだけでたいていの問題は解決するのですが

凝り固まった常識によって、

凝り固まった心と体は

芯からほぐれるのに時間を要します。


時間をかけて固まったのだから、

時間をかけなければ、芯からほぐれないのは当たり前。


それでも、スウェディッシュの技術は素晴らしく、
1回のセッションでほかのマッサージと比べたら劇的にほぐれます。


でもね

一回でどれだけほぐれたか?

なんて事より、もっと大事なことがあるんです。



私のサロンの技術はすばらしい!
そんなところを、ほかのサロンと競い合うつもりはありません。


あなたが良くなる為に何が必要なのか?

人それぞれ違う原因。


怒りは腰に出ると言います。

実は幼少期のトラウマ
今のあなたの腰痛の原因かもしれない。

そういう事まで含めて、
一緒に考え、一緒に改善していける

私があなたを治すのではない。

一緒に同じ方向を向いて、
1つのチームとして、改善してゆくプロセスをも楽しむ。


SandySPAはそんなサロンでありたいと思っています。

ちょっと変わったサロンですが、
これからも宜しくお願いいたします。


関連記事

Comment

Add your comment