[藤沢 鵠沼海岸] 心と躰を癒す隠れ家サロン SandySPA

スウェディッシュマッサージとヘッドセラピーが受けられる、鵠沼海岸の隠れ家サロンです。施術を通じて『自由に幸せに生きるためのヒント』を伝えています。(スクール始めました♪)

【危険信号】コリがひどい人の自覚症状について 


スウェディッシュマッサージサロンSandySPAです

今回はコリがひどい方の自覚症状についてお話しします。



最近いらっしゃるお客様で特に多いのが、
自覚症状がないのにコリがひどい方!


「私~、コリがあるって言われるんですけど、なにも感じないんですよねぇ~」


ってニコニコしながら言われるんですが、
触ってみると鉄板が入っているようにガチガチに固まっている、硬いスジのような筋肉。(細めの方に多い)
又は、アスリートの筋肉のようにもりもりとした感じで、コリが乗っかっている。

・・・かなり危ない兆候です。

放っておくと疲れが溜まりお年寄りのような身体になってしまいます。
アンチエイジングの為にはきちんとほぐして、流しましょう。


・コリには段階がある

Lv.1
まず身体が疲れて凝ってくると、痛みを感じたりコリを感じる段階があります。

この状態で来て頂ければスウェディッシュで比較的すぐにほぐれますし、
とても気持ちよく施術を受けられます。


Lv.2
でも、この次の段階になると痛みを感じなくなります。
押されて初めて自分で「凝ってるんだな~」と分かる状態です。
コリの改善に少し時間が掛かります。
このとき、感じないからといって
とにかく強いだけのマッサージを受け続けると、筋繊維をいためる原因となります。ご注意を。


Lv.3
さらに次の段階にいくと、具体的な症状が出てきます。
コリの箇所からしびれが出てきたり、押されても感覚がない・鈍い、ギックリ腰、四十肩・五十肩・・・。

この時すでに周辺の部位にもコリが拡大しており、

首のコリがひどいと肩コリもするようになっているはずですし、頭痛がしたりもします。
首が血流を押し留めている為、肩や頭までも血行不良になって行きます。


ですから、コリの自覚症状が無いとしても
プロに「凝っていますね」と言われたら、
自分では分からないだけで、実際には凝っているという事なので、
十分に気をつけて下さい。


・コリのセルフチェック方法

凝っているかどうか自分でチェックする方法もあります。

一番簡単なのは触ってみて硬いか柔らかいか。

押してみて、骨のように硬いけど明らかに筋肉の場所であれば
それはスジのように硬くなってしまった筋肉です。

後は、押したり、伸ばしたりして気持ちいい所は凝っている箇所です。
(気持ち良いからといって強く押しすぎると痛めるので注意してください。)

ちなみに鍛えている筋肉は意外と柔らかいのです。
きちんと鍛えた筋肉は、柔軟性があります。
(コリとは明らかに違う柔らかさです)

ご自分で、痛みを感じないから凝っていないと思わずに、
一度セルフチェックを行ってみましょう。


・チェックも行っています

自覚症状が無いコリでも、コリを取ると身体がすごく楽になり
日常生活も身体が軽くなって楽になり、
ストレスもとれて今までと違った世界になります。

セルフチェックが難しい方は一度ご来店頂ければ
どこがどれくらい凝っているか細かくお教えできます。

もしセルフチェックにご興味がある方は、
スウェディッシュの短めのコースでご予約下さいませ。

スウェディッシュのメニュー表はこちら


・コリの対処は早いほうが治りやすい
普通の人は痛みを感じたり、問題がでてから行動を起こそうとします。

でも、例えば風邪を引いた時、最高に体調が悪くなってから
ようやく薬を飲んだり対処法を考えたのでは遅いですよね?

風邪も、引き始めに対処すれば半日で直ることもあります。

こりや疲れも同じで、早めに対処すればその分早く良くなります。
溜め込んでから一気に直そうとせずに、早めに対処しましょうね


隠れ家サロン SandySPA
関連記事

Comment

Add your comment