[藤沢 鵠沼海岸] 心と躰を癒す隠れ家サロン SandySPA

スウェディッシュマッサージとヘッドセラピーが受けられる、鵠沼海岸の隠れ家サロンです。施術を通じて『自由に幸せに生きるためのヒント』を伝えています。(スクール始めました♪)

【男の料理】最強に美味しい濃厚カルボナーラの作り方! 

こんにちは
Sandy SPAの山口ユウスケです。

盆踊り、山登り、ビール、そして男の料理・・・
全くSPAっぽさのない、個人的な記事が続いていますが今回もそんな記事です

と言う事で早速ですが、

濃厚カルボナーラスパゲティの作り方を伝授します。
ちなみに男の料理とありますが、女性の方も是非作ってみてください



カルボナーラ用の食材を並べてみたところ。
材料


ユウスケ流 カルボナーラスパゲティの材料

・スパゲティ 250g(DE CHECCOがオススメ)
・オリーブオイル 適量
・ニンニク 一片(青森県産)
・卵3個(できるだけ良いものを選ぶ)
・ベーコン 好きなだけ(写真は"林檎のベーコン"というモノです)
・パルミジャーノレッジャーノ 大さじ5~6
・安い白ワイン カップ3分の1(なくてもOK)
・あらびきブラックペッパー





ポイント:
自宅で作る場合は、食材には少しこだわりましょう。
外食する事を考えれば、安いものです。

今回は私の好きなスパゲティ、DE CHECCOの高級版(左)を使用します。
(高級といっても500g/400円くらいで買えます)
通常バージョンのDE CHECCO11番(右)はスーパーでも大抵売ってます。

通常バージョンでも十分に美味しいです♪ CP最強。
IMGP0142_R.jpg



ベーコンもできれば固まりのモノを買ったほうが美味しいですよ。
この林檎のベーコンは「コストコ」や「やまや」で売っています。じゅるり。
ベーコン



パルミジャーノレッジャーノはこういった固形のものをおろして使用しましょう。やまやで売ってます。
(緑の円筒のパルメザンチーズではおいしく作れませんのでご注意を)
チーズ


おろして使用。
チーズ
このひと手間が違いを生む♡





次に手順です。

1、オリーブオイルとフライパンに敷き、ニンニクをスライスして弱火でじっくり熱する。
ニンニクを熱する



2、麺をゆで始めます。(画像なし)
茹で上がる時間よりも2分くらい前から、よく注意するようにしアルデンテを目指してください。



3、ニンニクの香りが付いたオイルにスライスしたベーコンを投入します。まだ弱火でじっくり。
ベーコン投入。



4、三つあった卵のうち二つは全卵、一つは黄身だけ取り出して混ぜます。(泡立てずに白身を切るように混ぜる)
たまご




5、チーズをおろして粉にします。そして4の卵と混ぜます。その際、ブラックペッパーも適量入れます。
 粉チーズは少~しだけ残しておいて下さい。
IMGP0155_R.jpg



6、フライパンを強火にし、白ワインを適量入れ一気にアルコールを飛ばします。
 ベーコンがこのようにあめ色になったら成功です。
IMGP0157_R.jpg



7、フライパンにパスタの茹で汁を入れ、弱火にします。


ここから↓の作業は手早く行ってください。麺がのびてしまいます。



8、パスタがアルデンテに茹で上がったら、火を止めプライパンの温度を60度くらいまで下げます。
  (茹で汁を入れて蒸発しない、プライパンに1秒くらいさわっていられるのが目安です)

9、パスタと4の卵チーズをフライパンに投入し、すばやく混ぜ合わせます。
  (ここで温度が高すぎるといり卵パスタになってしまうので、十分注意して下さい)



10、熱を入れて混ぜ、チーズのねっとり感が出たら、皿に盛り付けます。


11、ブラックペッパーを粗挽きし、とっておいた粉チーズを振り掛けます。
   さらにチーズをスライスしパスタの上にのせます。


めでたく完成! ベーコンとチーズの香ばしさがたまらないです。
レシピ通り最強カルボナーラが完成!




濃厚でチーズ好きにはたまらないカルボナーラです。
この手順なら家庭でプロのような味が出せますよ。

是非チャレンジしてみてください



最強に美味しい濃厚カルボナーラ

手順まとめ


1、オリーブオイルとフライパンに敷き、ニンニクをスライスして弱火でじっくり熱する。

2、麺をゆで始めます。

3、ニンニクの香りが付いたオイルにスライスしたベーコンを投入します。まだ弱火でじっくり。

4、三つあった卵のうち二つは全卵、一つは黄身だけにして混ぜます。(泡立てずに白身を切るように混ぜる)

5、チーズをおろして粉にします。そして4の卵と混ぜます。ブラックペッパーも適量入れます。

6、フライパンを強火にし、白ワインを適量入れ一気にアルコールを飛ばします。
 ベーコンがこのようにあめ色になったら成功です。

7、フライパンにパスタの茹で汁を入れ、弱火にします。

8、パスタがアルデンテに茹で上がったら、火を止めプライパンの温度を60度くらいまで下げます。
  (茹で汁を入れて蒸発しない、プライパンに1秒くらいさわっていられるのが目安です)

9、パスタと4の卵チーズをフライパンに投入し、すばやく混ぜ合わせます。
  (ここで温度が高すぎるといり卵パスタになってしまうので、十分注意して下さい)

10、熱を入れて混ぜ、チーズのねっとり感が出たら、皿に盛り付けます。

11、ブラックペッパーを粗挽きし、チーズをスライスし盛り付けます。





美味しそう!と思った方はクリックお願いします(^^♪
にほんブログ村 美容ブログ 隠れ家サロン公認



Comment

Name - ユウスケ  

Title - 偶然!

コメントありがとうございます。

まさか、この作り方をしている方が他にもいたとは・・・!
生クリームを入れてもスープパスタ風のカルボナーラが出来て美味しいと思いますが、
旨みはやっぱり濃厚カルボナーラに軍配が上がりますよね~。

本文中、やまやの回し者かと思われるほど「やまや」連呼してますね・・・。
でも大好きなパスタの「ディチェコ」がすごく安いのでやまやは好きなんです。

白ワイン是非勧めてみてください。
味にぐっと、深みが出ますよ。
2011.08.31 Wed 23:44
Edit | Reply |  

Name - ruhenoemi  

Title - 衝撃です

あまりにもびっくりして、ついついコメントしています!
我が家の主人と同じ作り方です♪
やまや大好きです、そしてチーズはコストコ。
常々ポイントは生クリームを使わない事、本場は生クリーム使わないんだ・・・と。
やっぱり男の料理ですね、私なら生クリーム入れてしまいますもん。
でも断然お店のような味になりますよね。
白ワイン入れてないので勧めてみます、その方が美味しそうです。
2011.08.31 Wed 18:38
Edit | Reply |  

Add your comment