今夜からすぐ出来る!アロマオイルで花粉症対策。

 10,2012 17:34

以前とあるコラムで書いた内容と被りますが、blogでも書かせて頂きます。


目が痒い・・・鼻水が止まらない・・・><
何だかボーっとする・・・。 


残念ながら、間違いなく花粉症ですね。。


私は花粉症デビューしてまだ3年くらいですが
いまだにあんまり認めたくありません・・・笑


この季節、以前は春に向かって暖かくなるのが嬉しかったはずなのに
花粉症のせいで、前よりちょっと憂鬱になります。

でも、対策をしっかりすれば大丈夫


今回は花粉症の症状で疲労した身体にやさしく、
家族全員で楽しめる、アロマバス(全身浴)の方法をご紹介します。

日本には菖蒲湯や柚子湯など伝統的なお風呂がありますが
アロマオイルを使うことで、手軽にいつもと違うお風呂を楽しむことが出来ますよ。

ぜひ今夜から試してみてください♪



SandySPAオリジナルアロマ
SandySPAオリジナルアロマオイルもひっそりと販売開始予定。
サロンで直接お求めください。


◆基本的なアロマバスのやり方

お湯を張ったバスタブにエッセンシャルオイル(精油)を
3~5滴程度落として、よくかき混ぜます。(混ざりにくいので念入りに)

刺激が強いアロマの場合は、量を少なめに。
(刺激が弱いラベンダーなどでも最大10滴くらいまでに抑えてください)

お風呂の中でコリの部分を揉みほぐせば、一層リラックス効果が高まります。

アロマバスでは、皮膚からも精油の有効成分が吸収されるので
お部屋での芳香浴よりも効果が高いといわれています。
※ただし、刺激の強い精油(特に柑橘系)は液量を少なめにしましょう。



◆オススメの精油

「一番人気!王道のラベンダー」
自律神経系に作用するといわれており、安眠効果もあるラベンダー。
マイルドで人気の高い香りなので、お風呂に入れて家族で楽しむのに向いています。

神経を落ち着かせ、体の免疫力を向上させる事で
アレルギーに対抗する体力を回復させる効果があります。沈静系ですね。


「スッキリ爽やか! 少しマイルドなティートゥリー」
ティートゥリーはオーストラリア原産の、フトモモ科の木の一種。
殺菌効果があり、免疫力を刺激する作用があると言われています。

ユーカリも花粉症に対し効き目が良いのですが、すこし刺激が強いので、
アロマバスでは、ユーカリよりもマイルドなティートゥリーをおススメします。


◆刺激が強い場合
精油を少量のキャリアオイルや、ハチミツに混ぜると
お肌への刺激がマイルドになるだけでなく、保湿効果がプラスされます。
乾燥するこの時期におすすめです。
(キャリアオイルは5ml程度入れると良いでしょう)


◆注意点
お肌のデリケートな、3歳未満の乳幼児にはアロマバスは行わないようにしてください。
また、3歳以上でも肌の弱いお子様の場合は、
精油の量を加減するなど様子を見ながら行ってください。



アロマバスが花粉症に効果的という所からも分かるとおり、
アロマオイルを使ったトリートメントやマッサージも花粉症に効果があります。
薬と違って副作用の心配がほとんど無いのも魅力的ですね。

花粉症の季節はこれらを組みあわせた対策をして乗り切りましょう♪

関連記事

Comment 0

Latest Posts